2011. 11. 26  
この部分は、こだわりました。
それは、600Nのメインギア。
回り方が、とっても渋かったんですよね(^◇^;)
手で回しても、重くて殆ど回りませんでした。
そこで!!

繝悶Ο繧ー+006_convert_20111126223031

ベアリングブロックの取り付けスクリューを交換。
特殊形状のチタン製スクリュー。
ALIGNのベアリングブロックは、二分割でベアリングを挟み込むタイプ。
両サイドから締め込むとベアリングが押しつぶされる様になり
クラッチベルがスムーズに回りません。
このチタンスクリューは、ネック部分の寸法が、純正品とは異なり
しっかり締めてもベアリングが押しつぶされる感じにはなりません。
あとは、こんな小細工も。

繝悶Ο繧ー+007_convert_20111126223058

実際に600Nに細工している物を置いて撮影してみました。
クラッチベアリングブロックの上部には、ミキシングアームの
取り付け時に入れるワッシャーを。
下部には、グロープラグの使い古しのガスケットです。
これを挟み込みます。写真では、各1枚ですが
当然、左右とも同じ物を入れます。
この厚み&外径が、違和感なくピッタリに組み込めます。
かなりきつく締め込んでもクラッチベルは軽く回る様に。
試しに新しいベアリングを組み込み何も入れない状態で
締め付け回してみましたが、スムーズに回りませんでした。

繝悶Ο繧ー+005_convert_20111126223005

あとここもあえて逆にしています。
それは、クラッチナットです。
正規の状態より何故か逆にした方が、スムーズに回りました。
ネジロックをしっかりと付け固定しています。
かなり無謀な組み付け方ですが、私の600Nは、全く問題無しです。
社外品で、一体物のベアリングブロックも出ていますが、この方法で
問題無いので、現状維持で飛ばし続けます(^_^)v
メインギアの回転は、こんな感じです。



スポンサーサイト
プロフィール

riso98m

Author:riso98m
長野県在住のRCヘリ大好きな二児の父親です!

現在の閲覧者数:

FC2カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム