--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 06. 18  
風も強く機体バランスの調整も取れていないので
フラフラ飛んでいます。
着陸時には、テールヒットしてるし…。


スポンサーサイト
2012. 06. 18  
週末は、雨の予報で飛ばせないなぁ…(-_-;)
と、思いながらも準備。
日曜日の朝4時位にポツポツと雨が…。
やっぱりダメだ~(>_<)
早朝から充電していたのですが、途中で終了!
しかし、起床すると外は晴れ!?
慌てて準備!
550E、エアーウルフ、450PRO、250PROを積み込み
充電器&発電機も積み飛行場へ!
700Eは、調子が悪いので、お休み(-_-)zzz
600Nも用意が面倒なので、持っていかず…。
飛行場に到着して先ずは、エアーウルフから(^_^)v
しかし!激振動(>_<)
オマケに脚の調子も悪くテールローター地面を叩きまくり(汗)
振動は、ローターバランスが全く合っていないのが原因。

CIMG6462_convert_20120618024556.jpg

CIMG6463_convert_20120618024729.jpg

元々、バランスの悪いグラスローターで、塗装した為
さらに重さが変わってしまったんですね…。
測定した結果は、写真の様な数字ですが、手で持って
比較しても重さの違いが分かる程…。
しかたなく、450PROからカーボンローター拝借!
振動は無くなりましたが、テールは叩きまくりです(汗)
不安定ながらも離陸(^_^)v
かなりテールヘビーなのでウエイトを入れて要調整です。
問題のテールローターですが…。

CIMG6464_convert_20120618024801.jpg

机の上でもこんな感じ(^_^;)
脚を完全に出した状態で、このクリアランスは、どうなの!?
今後の対策として、テールローターを短くする(削る)
3Dをやる訳では無いので、テールの抑えは問題無いと思います。
二つ目の対策として。

CIMG6465_convert_20120618024831.jpg

タイヤの外径を大きくする。
ボディー内部にまだクリアランスがあるのでケツ上げの方向で。
kuniさんが持ってきた大型飛行機のテールタイヤが何だかよさそう!?
飛行機用のタイヤを探してみます。
次のフライトはいつかなぁ~(-_-;)
2012. 06. 10  
ようやく飛ばす準備が整いました!
昨日から時間を見つけては、少しずつ進めて行きました。

CIMG6426_convert_20120610215707.jpg

細かい部分は、あと回しとします(^_^;)
とりあえず飛ばす状態にしたかったので…。

CIMG6427_convert_20120610215802.jpg

バックビューもいいですね~(*^_^*)
機体をインストールするまで色々と面倒でした(^_^;)

CIMG6421_convert_20120610215416.jpg

仮にインストールしてみましたがライティングシステムや引き込み脚の
配線関係の処理はどうしようかと…。
機体をインストールするだけでも一苦労ですね(^_^;)
エレベーターサーボが邪魔だったりメインギアにボディーが
引っ掛かったりと、どう見ても無理がありますね。
ボディーを割らない様に広げながら機体角度を変えては、少しずつみたいな
感じでした。
オマケにボディー内部が少し湾曲していて機体をインストールすると
斜めになるし…。
機体に取り付ける台座とボディーの間にワッシャーを入れ
水平を出す様な感じでやっと終了!
その他、加工したりの作業もあり分かってはいましたが
スケールボディーって一筋縄では行かないですね。
それでも考え加工して完成した時の喜びは、何とも言えないですね!

CIMG6423_convert_20120610215517.jpg

配線類は、かなりグチャグチャ(^_^;)
ライティングシステムユニット以外、全て左側になってしまいました。
仮搭載の時は、3Gユニットは機体中央(写真受信機の位置)で
受信機は、機体右側でした。
なぜこんな搭載方法になったかと言うと…。

CIMG6422_convert_20120610215446.jpg

機体前部に3Gユニットを搭載する事によりインストール後でも
3Gの設定や3Gリンクケーブルが繋げる様にです。
以前の取り付け位置だと機体内部に隠れてしまう為
設定は、おろかケーブルすら繋げられません。
これによりしかたなくグチャグチャ配線になってしまいました(汗)
あとこの部分も。

CIMG6425_convert_20120610215642.jpg

作業を進めている時に、そう言えば…。
と思い出した事がこれです。
ラダーのロッドエンド部分。
ここは、無加工では、完全に干渉します。
AIRCREWさんのブログを以前、拝見させて貰った時に
この部分が干渉していた為、ラダーサーボが逝ってしまったとの事。
今回この部分は、少し大きめにボディーをカットしました。

CIMG6428_convert_20120610215828.jpg

どうしても取り付けたかったLEDは、こんな感じです。
ちょっと写真がピンボケですが(^_^;)
若干オーバースケールですが、昼間でも点滅が分かるかなぁ~??
テール部の取り付けは、苦労しました(^_^;)
一番の理由は、手が入らない!!ですね
あとは、配線の処理。
テールパイプ、ラダーロッド、メインギアを避けてユニットへ
導かなければいけないので何度も確認しながら。
配線もボディーにLEDを取り付けた状態では
全く足りませんでした。
テールパイプを取り付けてある状態でインストールするので
ユニットからLEDの距離が、長すぎるので配線を延長!
ただ、インストール後は、長すぎ…(^_^;)
そしてその配線を処理しようにも手が入りません。
まあ、何とか雑ですが処理はしましたが(笑)
初フライトが楽しみです\(^o^)/

2012. 04. 27  
引き込み脚の調整が終わったエアーウルフ。
すると娘が突然!!
面白かったので、もう一度やってくれと頼み撮影しました。
早くインストールしないと子供達のオモチャになりそうです(汗)


2012. 04. 27  
ずっと上手くいかなかったエアーウルフの引き込み脚。
今日もチョイ弄り。
そして、上手く出来ました\(^o^)/
色々と試行錯誤しましたが、こんな取り付け方法で!

CIMG6327_convert_20120427214857.jpg

取説では、サーボホーンは、この位置。
機体斜め下、前方の位置です。
でも、そのまま取り付けると…。

CIMG6329_convert_20120427214959.jpg

コントロールアームと台座の間にある横ズレ防止?のシルバーの部品。
ここの部分が、サーボを動かした時にリンケージと干渉してしまい
よろしくないです(-_-;)
そこで!!

CIMG6328_convert_20120427214927.jpg

対策その1
干渉するなら逃がせばいいと言う事で
サーボホーンの逆付け!
もちろんそのままではダメなので、サーボ動作は、リバース設定に。

CIMG6330_convert_20120427215022.jpg

対策その2
リンケージ側の部品を外し、横ズレ防止の為
GP機を所有ならではの物を使用しました。
予備の燃料用シリコンチューブ(^_^)v

CIMG6331_convert_20120427215045.jpg

脚を出している状態。
サーボホーン逆付け&シリコンチューブ装着により
クリアランスもバッチリとれました(^_^)v

CIMG6332_convert_20120427215117.jpg

念の為、付け外しばかりしていたので予備のコントロールアームを
注文しました。
あと、こんな物も見つけたので一緒に!

CIMG6333_convert_20120427215150.jpg
CIMG6335_convert_20120427215214.jpg

大、中、小の疑似リベットが、各400粒入っています。
一粒ずつ付けるのは、かなり根気がいる作業になりそうですね(^_^;)

プロフィール

riso98m

Author:riso98m
長野県在住のRCヘリ大好きな二児の父親です!

現在の閲覧者数:

FC2カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。