--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 05. 22  
軽症の墜落で済んだ550Eですが、やはりアンプが原因でした

CIMG7214_convert_20140522215014.jpg

機体からアンプを取り外そうとするとコヤツが…

CIMG7215_convert_20140522215033.jpg

真ん中のモーター線が基盤から外れていました
ハンダが取れたと言うより根元から外れた感じ…
ここをハンダで、付け直すのは危険だよな…

CIMG7216_convert_20140522215053.jpg

ホビーウィングのアンプは、もう三個目…
一個目は、墜落による破損、二個目は、雑なハンダ付け??の為、チップの脱落
そして今回は、モーター線…
早く復活させよう…



スポンサーサイト
2014. 05. 11  
墜落しても軽症だった550Eですが
原因追求の為、バッテリーを繋げ動作確認を
するとこんな症状が…



まさか飛んでいる状態で、こうなった!??
三回目にモーターを回した時は、これでもスロットルフルハイです
アイドルアップに入れても同じ状態…
モーター??アンプ??
いずれにしてもすぐには飛ばせない状態…(泣)
2013. 05. 16  
全く飛ばしに行けません…
去年の今頃は、こんなに忙しかったか!?
と、言う感じです(泣)
600Nも墜落させてしまってから復活させましたが
調整フライトも今だ出来ないまま…
そんなこんなで、550もちょい弄り

CIMG6892_convert_20130516115331.jpg

キャノピー新調しました
以前の物は、使えたのですがキズ物だったので…
あとちょい弄りしたのは…

CIMG6893_convert_20130516115355.jpg

ローターをEDGE SEローターに変えてみました

CIMG6894_convert_20130516115415.jpg

テールローターも、今回は、EDGEにしてみました
腕の無い私に分かりますかね~(汗)

CIMG6895_convert_20130516115442.jpg

700E、550E、450PROの三兄弟
250、600共に同じにしようか…
ん!?250、600にこのデザインのキャノピーって、あるのかな!?


2013. 03. 11  
久しぶりにヘリ弄りしました。
今年に入ってから仕事は、全て夜勤…(>_<)
2日だけ日勤は、ありましたが即座にシフト変更(泣)
連日、3時間以上の残業続きで、少々お疲れモード…。
オマケに週末となれば地元消防行事や地区行事で
潰れてしまう日々…(-_-;)
今月は、全て休日は、潰れます。
シュミレーター練習もままならずまたまた夜勤なので
昼夜逆転の為、昼から夜への切り替えの為、深夜のヘリ弄り。
今回、改善した所は

CIMG6787_convert_20130311003637.jpg

メインギアの削れ
バックラは、取っていますがメインギアとピ二オンギアの
高さが合っていなく(ピ二オンがメインギアに対して上過ぎ)
この様な状態。

CIMG6788_convert_20130311003706.jpg

しかし、ピ二オンは、最下部に取り付けてあります。
これ以上、下に取り付けるのは無理。
写真1枚目でも分かると思いますがメインギアの削れは
ギアの下端部。
ピ二オンが、末広がりなので、しかた無いのですが
このままでは、危険!!
写真は、撮っていませんが、この状態で、ピ二オンと
メインギアの高さの違いは、ピ二オンが2~3㎜高かったです。
フレームに新規に穴を開けモーターマウントを下げる方法と
思いましたが、2~3㎜だと長穴加工になるので
仮にネジを締めてけても長穴の為、飛ばしている内にズレる
可能性も…。
さて、どうしましょう…。

CIMG6789_convert_20130311003734.jpg

ならば余計な小細工はせずモーターとモーターマウントの隙間に
ワッシャーを挟み込みクリアランスを稼ごうと!!
その結果

CIMG6791_convert_20130311003758.jpg

メインギアとピ二オンの高さは、ピッタリと合いました(^_^)v
モーターとモーターマウントのネジの噛みしろの確認も
問題無いので、これでOK!?
今度(来月以降だな…)ピ二オンの削れをチェックをします!!
あとヘリネタ以外で、こんな物も!!

CIMG6783_convert_20130311003539.jpg

掃除機です(業務用!?)
私が不在時の時に営業が来た様です。
妻から話を聞きもう一度、平日の昼間に営業に来てもらうから
納得したら購入してとの事で、購入。
現在は、掃除モード。

CIMG6786_convert_20130311003605.jpg

吸い込み口を外し空気清浄モード。
この他に吸い込み口と逆にホースを取り付けると空気入れ&エアーブロー機能
などにもなります。
一番の特徴が

CIMG6782_convert_20130311003509.jpg

この掃除機は、フィルターレス、紙パックでは無く
『水フィルター』なんです。
吸い込んだ埃やゴミを水でキャッチして排気に微量の塵を出さない機構。
営業マンと色々と話をした結果、私の判断で購入。
私の家では、どんなに安価な物でも私が『必要無し!』の
一言で却下になります。
この辺は、一応、一家の主です(笑)
購入を決めたのは、息子の為。
息子は、信州に生まれながら極度の『蕎麦アレルギー』です。
ほんの僅かな蕎麦粉が付いただけで、人相が変わる位に腫れ上がります…。
心配になり他のアレルギーを病院で調べて貰った結果
ハウスダストアレルギーも反応してしまいました。
ハウスダストアレルギーも様々ありますが少しでも危険が回避出来ればと…。
この掃除機を使っての効果は、まだ購入したばかりなので分かりませんが
可愛い子供の為に騙されてやった!!みたいな感じですよ!!
この掃除機、私の欲しい『LOGO800』2機分です。
これで息子のアレルギーが良くなれば安いものです!!




2013. 02. 27  
先日のテストフライトで、復活した550E。
でも、キャノピーをオーダーするのを忘れていました。
ただ幸い修理不可能まで粉砕していなかったので
直す事にしました。
以前、あうぢーさんが、450のキャノピーを修理する方法を
記事にアップされていたのでマネしましたよ~(^^)/
途中作業は、省略して写真は撮っていませんが
こんな感じで!

CIMG6763_convert_20130227030726.jpg

先ず最初に使うのは、エポキシ接着剤。
これを通常使用時の様に混ぜます。
その後、ドライヤーで、熱を加えるとエポキシ剤が
サラサラの液体状に近い状態になります。
その後に

CIMG6764_convert_20130227030757.jpg

クロスシート。
これを適当な大きさにカットしてサラサラになった
エポキシ剤を染み込ませます。
あとはこのクロスシートを割れた部分に接着するのみ!

CIMG6756_convert_20130227030655.jpg

こうなった部分や

CIMG6754_convert_20130227030532.jpg

こう言った部分に裏から接着!!
さあ!仕上がりは!?

CIMG6762_convert_20130227030627.jpg

少々見えずらいですが完璧に修復出来ました(^_^)v
カパカパだった部分が、しっかりと接着\(^o^)/
もちろん表面の傷は、残りますが、取りあえず使えればOKです!
あと数か所、残っているので後日、修理します。
550Eのキャノピー修理が終わったら
600Nのキャノピーも修理しますかね!

CIMG6765_convert_20130227030829.jpg

ん~…。
これは、ちょっと無理!?(@_@;)





プロフィール

riso98m

Author:riso98m
長野県在住のRCヘリ大好きな二児の父親です!

現在の閲覧者数:

FC2カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。